ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.01.13 Saturday

スナップ:下北沢


 年明け早々の時期に決算のある会社なので、最近は仕事も忙しくて写真どころではない感じだが、先週末は久しぶりに下北沢に行ってきた。

1.





2.





3.





4.





5.





6.





7.





8.





9.





10.





11.




2018.01.07 Sunday

そう言えば、今宜。


 もう今更ではあるが、見ている人がいるのなら、今年も宜しくという事で、少しだけ新年らしい?写真を一枚掲載する。表参道での写真だが、表参道らしからぬ佇まいではあるものの、思わず撮ってしまった一枚。親子仲良く、良い新年を迎えて欲しいものだ。




 この写真は、被写体と一連の提灯の位置関係が良い感じに収まったが、計算通りという訳ではなくこの親子が歩いている姿に瞬間的に反応しただけだ。あらかじめ立ち位置を決めて、辛抱強く都合の良い被写体が来るのを待って撮る方法もあるが、自分には中々そこまでは出来ない。「ここなら」という場所でたまにやるが、待つってのは性に合わないなと、つくづく思う。
 ある有名な写真家が、「思った通りの写真なんて、たかが知れている。人間の想像力なんて、たかが知れてるから。だから、自分はその瞬間に全てを賭ける」と言っていた。全くもって、その通りだなと思う。
 そして、そんな瞬間に反応しながら、その中で良い写真を撮るためには、沢山の写真を撮るしか方法はない。いくつか認識している欠点の中でも、この枚数の少なさは相変わらず自分にとって大きな課題の一つだ。まだまだ、引き出しの数が少ない。



2018.01.04 Thursday

スナップ:表参道

 
 年初は、懲りずに表参道に行ってきた。明治神宮が近いという事もあって、原宿駅は何時も以上のまさに「激混み」だった。
 写真を撮り終わった後で、奥さんと近所の神社に行ってきたが、今年から「おみくじ」があったので買ってみた。結果は吉だった。吉くらいなのがちょうど良いという話も聞くが、どうなんだろう? ちなみに、奥さんはドヤ顔で大吉のおみくじを見せてきた。



1.





2.





3.





4.





5.





6.





7.





8.





9.





10.





11.






12.





13.





14.



 確かに、表参道を撮りたくなる。被写体として魅力を感じる事もあるが、被写体との距離感や画角が自分にはハマる。その一方で、すぐ隣には原宿があって、ここがまた違った世界観があって楽しい。
 楽しんで撮る先には、自分しか撮らない写真、個性に繋がれば良いなと思う。写真においては多分、この個性こそが「写真の味」と呼べるものだと思う。優れた写真家は、ありきたりだったり、他の誰かも撮っている様な写真は撮らない。

2018.01.01 Monday

年末は横浜へ

 
 あっという間に、年が明けてしまった。最近、仕事が忙しい事もあって、全然写真が撮れていない中、年末に恒例のコンサートに行くために、奥さんと横浜に行ってきた。そして、コンサートが始まる前に一時間程度、会場の近くをぶらぶらしながら写真を撮った。

1.





2.






3.






4.






5.






6.






7.






8.






9.




 最近は、写真よりも仕事に関連した本を読む方が楽しい感じなので、今年は投稿数は減ると思う。写真、最近何だか刺激が足りない。被写体との出会いも然り、「すげえ」と思える写真との出会いも然り。高いお皿を使って、盛り付けはとても綺麗なんだけど、食べたら味が全くしない、っていうか食べれもしないサンプル食品みたいな写真が巷には多い。料理も写真も「味わってなんぼ」、だと思うのだが(今回の写真は、自分もサンプル食品クラスが多かったが・・・)。

2017.12.13 Wednesday

スナップ:新宿 思い出横丁


 昨日に続いて、まさかの連投。
 今日は、これも会社が移転したことで、まさに通勤途中の飲み屋街、「思い出横丁」の写真を掲載する。いつかここで呑みたいのだが、まだ行けていない。その代わり、帰りにちょこちょこ撮っている。


1.





2.





3.





4.





5.





6.





7.



 そういえば、今年は紅葉を一枚も撮ってないな。全く、後悔していない。

Powered by
30days Album