ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.08.30 Friday

お台場



 週末は、また買ったレンズのテストのために、お台場に行ってしまったが、何だかな〜な写真しか撮れなかった。
 




1.





2.





3.





4.





5.





6.





2019.04.07 Sunday

お台場に行ってきた

 
 最近、全く写真を撮りに行けてなかったが、やっと行く事が出来た。場所は、買ってしまったレンズをテストするには一番良い場所だという事で、またお台場に行ってきた。この日は、週末に晴れという事で、多くの人がお台場に来ていた。外国の人も多く、何故かロシア語を沢山耳にした。
 その一方で、会社では仕事も部下も増える様で、全くもって忙しい。信頼してもらえるのは有難い事だが、その分会社の命運にも関わる割合が増えてくるわけで、自らの責任を全うしなければと強く思う。


1.





2.





3.





4.





5.





6.





7.





8.





9.



 レンズのテストが目的だったので、写真はありきたりのつまらない写真だが、レンズ自体には十分満足した。久しぶりに写真を撮ったので、感覚が鈍っていないか心配だったが、最低限のラインは維持していた様だ。




2019.01.15 Tuesday

東京の川から海に

 
 さて、3連休が終わってしまい、明日から仕事なのに何してるんだ?という話だが、この週末に撮った写真を掲載する。今回も、何故か東京湾付近の川から海まで2日間で6万歩を超える距離を、ただただ足を棒にしながらとにかく歩いた。


1.





2.





3.





4.





5.





6.





7.





8.





9.





10.





11.





12.





13.



 自分の本業はスナップだけど、こんな写真もたまには撮りたくなるし、守備範囲は割と広めの方だと思う(思ってた)。だがしかし、花や鳥等は皆が同じ様な写真を撮っているから、つまらないので撮らない。鉄(電車)やお姉ちゃんを追いかけて撮るのは、オタクっぽくて嫌いだ。そう考えると、自分の守備範囲は広いとは言えないかも知れない。
 被写体が何であろうとも、自分が一番撮りたいのは「中身」のある写真だ。「中身」って何だろう?と言うと、結局は「写真を撮る想いや強い拘り」という事なんだろうと思う。写真を撮るに当たって、何を想って撮るのか、何に拘るのかは人それぞれだが、人真似ではなく自分なりの個性、オリジナリティーが大事なんだと思う。
 さて、そろそろスナップの世界に戻るとしよう。


2019.01.03 Thursday

新年撮り初め


 あっという間に、年末年始の休みが終わってしまう。今年も、別に何処かに出かける訳でもなく、基本は家でのんびりしていたが、一日だけ写真を撮りに行った。天気が良かったので、東京湾に行って何も考えずに写真をただ撮った。
 さて、今年も念のためにおみくじを引いたのだが、去年に続いて結果は吉。去年の事を考えると、良いくじ運と言って良いと思う。やはりおみくじは、吉くらいが一番良い様だ。


1.





2.





3.





4.





5.





6.






7.




8.





9.





10.





11.



 写真については、今年一年をどうしていこうか? 去年は、正直写真についてはあまり進歩の無い一年だった。今年は、何か新しい試みに挑戦したいと思う。


2018.12.15 Saturday

久しぶりにお台場へ


 金曜日の午後は会社を休んで、かなり久しぶりにお台場に行ってみた。天気が良い筈だったのに微妙、目的だった夕景写真はさっぱりだった。加えて、工事をやっていて入れない場所も多くなっており、「どうなってんだ!」と心の中で言いながら撮っていた。結局、大した写真が撮れなかったが、休みを取って久しぶりにお台場を歩き回れた事自体は楽しかった。
 さて年末、まだ来年の事を考えるのは若干早いが、来年も一日一日、その日が充実している事、悔いのない時間を過ごす事だけを考えていこうと思う。そのご褒美に、たまには遊ぶ、写真も撮る、ついでにレンズを買ったりもしよう。



1.





2.





3.





4.





5.





6.





7.





8.


 


Powered by
30days Album