ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.04.09 Monday

ちょっとドライブ


 今回は、家族で遊びに行った記録写真を、何となく載せる。
 日曜日は、天気も良かったので久しぶりにドライブに行ってきた。最初に向かったのは、東京都の福生市というところで、横田基地のある街だ。古きアメリカが楽しめる街だと聞いて行ったのだけれど、大した事は無くて、奥さんは不満そうだった。


1.

 大した事ないねと思いつつ、ハンバーガー屋さんに行ったところ、とっても人馴れした猫が出迎えてくれた。




2.

 我が家の愛車とともに。奥さんが触っても、全く気にしない感じだった、




3.

 表情は、やっぱり「飼い猫」とは違って、少し険しい表情だった。




4.

 ハンバーガー屋さんの店内の様子。




5.





6.

 ハンバーガーはとても大きくて、一つ食べただけでお腹一杯になった。



 そのまま帰るのも何だなという事で、川越市に少し寄ってみた。文字通りただ寄っただけで、すぐに帰ってしまったので、4枚写真を載せられるのは奇跡?だ(笑)。


7.

 この日は子供の日が近いという事で、鯉のぼりが飾られていた。




8.

 イラストを描く姿を一枚。





9.

 二階の窓から、気持ち良さそうだった。




10.

 奥に見えるのが、「時の鐘」と言われるものだ。


 ドライブがてらなので、写真はかなりテキトーだったけど、自分は楽しい時間を過ごせた。最近つくづく思うのは、北海道から出てきて本当に良かったなという事。北海道にいたら、決してスナップを趣味にする事は無かっただろうし、色々な意味で正直退屈な人生だったと思う。こちらで大変な事があっても、やっぱり来て良かったなと思う。



2016.01.03 Sunday

新しい年

 
 新年早々、特に何かをする訳でもなく、もう2日も終わってしまった。今日は、奥さんとの買い物の途中に撮った写真を掲載。





 今年の方向性を決める様な最初の一枚。っと言うとあまりに大げさだけど、今年はこんな感じで行きたい(多分)。見てくれている方は少ないと思うが、投稿頻度も下がると思う。もっともっと、ちゃんと考えて撮って、しっかり考えて載せたい(今更・・・)。

2015.11.07 Saturday

動物の写真


 っといっても、犬と猫の写真だけだけど、いくつか撮れた写真を今日は掲載。


1.上野の猫





2.お台場の犬





3.自宅の猫



2015.08.12 Wednesday

San Francisco


 さて、先日出張で生まれて初めてアメリカSan Franciscoに行ってきた。飛行機の中眠れず、ホテルに泊まっても眠れず昼間の日本からガンガン来るメールに返信。のんびり写真を撮る暇なんて全くなくて、それこそ移動しながらの全部で30枚くらい(同行者もいて撮りにくい)という、なんだかな〜な出張。仕事なんだから、仕方ないか・・・。


1.

 サンフランシスコ国際空港での、レンタカーの手配待ちで一枚。




2.

昼下がり、慌ただしくスーパーで食事を調達しながら一枚。




3.

泊まったホテル。立派でもなく古くもなく、普通のホテルだった。手前に停まってる車は、偶然にも全て日本車だった。真ん中のホンダ車は、古すぎて何だか分からなかった。しかし、総じてこの地域は景気が良いらしく、BMWやベンツのピカピカした車が結構走っていた。




4.

晩御飯の一枚。ロブスターがまるごと出てきた。しかし、こんな感じの食事で何と一人50ドル。高い・・・。





5.

帰りの空港ロビーでの一枚。

仕事が忙しくてめっきり写真を撮る機会が減って、このまま写真が趣味でなくなるかもと思っていた。しかし、一枚目の様な瞬間に反応出来た今回、少しづつで良いから続けてみようと思った。



2015.08.09 Sunday

撮り置き風景写真


 最近、本当に写真が撮れていないが、撮り置き写真を何枚か掲載する。自分は、風景写真にはあまり興味が無いのだが、それでもドライブに行ったついでに適当に撮ってみた。なんか、力が入らない・・・。

1.





2.



やっぱり、風景写真は退屈だな。








自分には、こんな写真を撮る方が100倍以上楽しい。
残念ながらこの写真は失敗写真だけど、慎重な計画性と幸運が訪れるまで絶対諦めない執念が必要である事を学んだ。
Powered by
30days Album