ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.08.20 Sunday

何時もの買い物のついで その3

 
 昨日に続いての掲載となるが、今日は天気があまり良くないらしいので、写真を撮りに行かずに奥さんと買い物。そんな時にもカメラを持ち出してしまうとは、自分も本当に酔狂な人間だな。
 来月には、いよいよ北海道に帰れる。昨年もその前の年も、帰省の時期は色々あって気が休まらなかったのだが、今回はゆっくりできそうだ。本当にそうなる様に、気を抜かずに仕事を頑張る。故に、写真は少しお休みかな。


1.





2.



2017.08.19 Saturday

スナップ写真:赤坂で飲む(撮り置き写真)


 最近写真を撮りに行けてないが、2つ前に載せた赤坂に行った時の写真のうち、埋もれていた?撮り置き写真を掲載する。赤坂に夜行けば、そこは当然街中なので多くの飲み屋が賑わっている。仲間で楽しむ人、一人でしんみり飲む人。今日は、「お一人様」の飲みの写真を掲載する。



1.






2.








2017.08.13 Sunday

お盆


 関東では久しぶりに少し天気が良かった今日、お盆だからという訳ではないけど、谷中のお寺付近をぶらぶら歩いてみた。


1.






2.





3.




 今からかなり昔、写真家の土門拳は「家も車も買えなくて、(仕方なく)写真機に群がる悲しき日本人」の事を憂いていた。そして、写真の中身ではなく機材の良し悪しだけで「勝った負けた」と言っている事の愚かさを、これまた憂いていた。
 それから数十年経ったが、基本的には何も変わっていないのではないだろうか。確かに、今なら普通の経済レベルの人なら、その多くが家も車も持っているだろう。でも、大体それで精一杯で、後はカメラを買うくらい。そして、同じ様に花だの鳥だの飛行機だの、モデルを沢山で追いかけ回すだの、皆で同じ様な写真を撮って、後は機材自慢。確かに、あまり変わっていないな。
 勿論、経済的には誰しも限界はあるものだけど、被写体の可能性には限界は無い筈。自分の身近なところにも、気づいていないだけで素敵な被写体がきっとある。皆同じなんてつまらない、自分にしか撮れない写真を撮れば良い。

2017.08.05 Saturday

スナップ写真:赤坂

 
 今日は、とても久しぶりに写真を撮った赤坂の写真を掲載する。この間、赤坂に職場で食事会をする機会があったのだが、何時もの様に「行ったついでにスナップ」をしていると楽しくなり、別に日にもわざわざ行ってしまった。


1.






2.






3.






4.





5.






6.






7.



 

2017.07.30 Sunday

何時もの買い物のついで その2

 
 昨日に続いての投稿となるが、今日は、週末奥さんと行く様な、ごく普通の買い物の途中に撮った写真を、何枚か掲載する。以前にも書いた様に、自分はそんなただの買い物の時ですら、カメラを持ち歩く事が多い。正直、これらの写真に深い想いも考えもない。ただ何となくシャッターを押したくなって、撮っただけ。でも、ただそれだけだけど撮りたくなる。


1.





2.





3.





4.



 自分が真面目?に写真を始めてから、数年の月日が流れた。過去の自分の写真を見ると、それはもう恥ずかしくて仕方がない。ある程度の写真を撮れる様になるまでは、長い時間がかかった。でも、センスのある人は、たった1年もあれば自分なんて到底敵わない様な写真を平気で撮る。その進歩の違いは、まるでウサギと亀だなと思う。
 自分は、亀でも良いから少しでも進歩したい、向上心を持っていたいと思う。でも、それは実際には簡単な事ではないんだろうと思う。何故なら、それが実現出来ている人に、あまりお目にかかった事がないから。大抵は、新しい機材を買ったとか、どの機材が良いかという事に時間を使い過ぎて、写真の中身を良くする事に時間をかける事を止めてしまうからだと思う。特に男は、「車好き」と同じ様な感覚で「カメラ好き」で終わってしまうケースがとても多い様だ(自分が写真を始めた時は「上手だな」と思っていた人達でも、久しぶりに写真を見てみたら「変わっていたのはカメラだけ」の残念なケースが多い)。



Powered by
30days Album